MAIN−WAVE
藤村富美男
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング
 ニュース サイトマップ グループ
ホーム>>>スタディ>>>スポーツ>>>日本プロ野球選手>>>>>>

■藤村富美男■野球選手■初代ミスタータイガース

右投右打

身長173センチ、体重79キロ

1916年8月14日−1992年5月28日


藤村富美男(ふじむら・ふみお)は、プロ野球の誕生から活躍した戦前戦後を代表する選手・・・
初代・ミスタータイガースといわれる・・・
そのダイナミックでエンターテインメントにあふれショーマンシップなプレーぶりは、あのミスタープロ野球長嶋茂雄も憧れたという・・・
(長嶋は、大リーグでは華麗で人気もあったジョー・ディマジオに憧れたので、華のある選手が好きだったようです)



プロ入り前は、大正中学で夏の甲子園の優勝投手で、プロ野球誕生でプロ入りし、投手もこなしたが、そのうち打者として活躍・・・
初代本塁打王になったり、「ダイナマイト打線」の中心選手として活躍・・・
1948年から「物干し竿」といわれた長いバッドで本塁打を量産したり、日本プロ野球初のサイクルヒットを達成した・・・
「ミスタータイガース」と呼ばれるようになり、ファンからも愛された・・・
藤村は、自分のチームのタイガースから主力選手が次々と抜けてもタイガースに残りチームを支えた・・・

1949年の打撃成績は、打率3割3分2厘(首位打者は小鶴誠の3割6分1厘)、46本塁打(本塁打王、当時の日本プロ野球記録)、142打点(打点王、当時の日本プロ野球記録)、187安打(最多安打、当時の日本プロ野球記録)の驚異の数字を挙げる・・・
1950年の打撃成績も、打率3割6分2厘(首位打者),、39本塁打(本塁打王は小鶴誠の51本塁打、当時の日本プロ野球記録)、146打点(打点王は小鶴誠の161打点、日本プロ野球記録)、191安打(最多安打、当時の日本プロ野球記録)の驚異の数字を挙げる・・・

シーズン191安打は、当時のシーズン最多安打で長らく破られなかった・・・
シーズン146打点は、打点王を逃した記録(打点王は前述の通り小鶴誠の161打点)では今(2019年4月2日現在)も最多打点・・・
1955年から監督兼任となり、1956年には、プロ野球2人目の最も劇的な代打逆転サヨナラ満塁本塁打を放つ・・・
この時、監督で代打を告げる際、「代打ワシ」といったといわれる。
「代打ワシ」といって前述の劇的一打を放つとは格好よすぎ・・・
この本塁打が、藤村の現役最後の本塁打だった・・・
1956年限りで現役を引退し、1957年から監督専任に・・・
1958年に現役復帰したが、この年で再び現役引退・・・


藤村の背番号10は、永久欠番・・・
終身打率は3割0分0厘・・・

1950年の日本シリーズ出場の夢は果たせなかった・・・
現役引退後に数チームの打撃コーチを務め、その後に解説者にも・・・


1974年に野球殿堂入り(日本)し、1992年に75歳で死去・・・

前述の通り、初代・ミスタータイガースといわれます・・
異口同音に藤村富美男は「別格のミスタータイガース」と称えられています。
(初代も2代目などもなく、藤村富美男こそミスタータイガースだという人も
・・・)

藤村富美男の打撃成績と投手成績と監督成績は・・・


打撃成績
17年、打率3割0分0厘、224本塁打、1126打点
MVP1回、首位打者1回、本塁打王2回、打点王5回
サイクルヒット2回


ミスタータイガースー藤村富美男伝
[ミスタータイガースといわれた藤村富美男の壮絶な野球人生・・・



投手成績
防御率2.35、34勝11敗

監督成績
4年、266勝190敗6分、勝率5割8分3厘





■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  藤村富美男
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング