MAIN−WAVE
ハイセイコー
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>競馬>>>世界の競走馬・日本の競走馬>>>

■ハイセイコー■国民的アイドル

ハイセイコー、牡、鹿毛、日本生産、日本調教
生没年月日・1970年3月6日−2000年5月4日
父チャイナロック 母ハイユウ
生産者・武田牧場  馬主・(株)王優→ホースマンクラブ
調教師・伊藤正美(大井)→鈴木勝太郎  主戦騎手・増沢末夫
競走成績・22戦13勝(地方競馬6戦6勝、中央競馬16戦7勝)(13−4−2−3) 主な勝利・皐月賞、宝塚記念
■コメント
ハイセイコーは、1970年に生まれました。

ハイセイコーは、地方競馬(6戦6勝)から中央競馬に移籍し、1970年代に社会現象になるほどの人気を集めた国民的アイドルホース。

第1次競馬ブームの立役者であり、この競馬ブームは、第2次競馬ブームのオグリキャップへ・・・

現役引退後は、種牡馬として、自身の勝てなかった日本ダービー(と天皇賞・春)を産駒のカツラノハイセイコが勝っています。

父チャイナロック母ハイユウ(父カリム)という血統です。

無敗で皐月賞を勝った馬で、日本ダービーでは3着に敗れますが、その後も中距離を中心に活躍し、苦手とされた長距離でも菊花賞2着、有馬記念2着に入っています。
3歳で皐月賞、古馬になって宝塚記念を勝っています。

▼デビューまで
ハイセイコーは、1970年に生まれ、馬格があり、地方競馬へ入りましたが、期待の大きな馬でした。

武田田牧場で生産され、(株)王優が馬主で、地方競馬の大井の伊藤正美厩舎に入りました。

□ハイセイコーを知るおすすめ作品

▼現役時代
▽2歳
ハイセイコーは、1972年の2歳の6月に大井でデビューすると、デビューから6連勝し、「怪物ぶり」が評判になりました。


▽3歳
1973年になってホースマンクラブに売却され、中央入りし、中央入り初戦は弥生賞で、このレースを勝つと、スプリングステークスにも勝ち、皐月賞ではカネイコマに2馬身1/2差で快勝します。
NHK杯も制すると、日本ダービーでは単勝支持率66.6パーセントの最高記録(当時)を出しました。
しかしレースでは、ハイセイコーがタケホープの3着に敗れました。
秋になると、京都新聞杯(2着)から菊花賞に臨みましたが、日本ダービーで敗れたタケホープにゴール前で差され2着、有馬記念はストロングエイトの3着でした。

▽4歳
1974年になるとAJC杯9着、中山記念を勝ちますが、天皇賞・春がタケホープの6着、宝塚記念、高松宮杯と連勝し、京都大賞典4着、オープンと有馬記念が2着でした。
最後の有馬記念は勝てませんでしたが、ライバル・タケホープに先着しています。

▼現役引退後
現役引退後、種牡馬となり、自身の勝てなかった日本ダービー(と天皇賞・春)を制するカツラノハイセイコ、ハクタイセイ(皐月賞)、サンドピアリス(エリザベス女王杯)などを出しています。
1984年に「競馬の大衆人気化への大きな貢献」が評価され、JRA顕彰馬に選出されています。
2000年に死亡。

▼競走成績
2歳 6戦6勝(地方競馬)
(未出走1着、53万上1着、秋草特別1着、ゴールドジュニアー1着、白菊特別1着、青雲賞1着)
3歳 弥生賞1着、スプリングS1着、皐月賞1着、NHK杯1着、日本ダービー3着、京都新聞杯2着、菊花賞2着、有馬記念3着
4歳 AJC杯9着、中山記念1着、天皇賞・春6着、宝塚記念1着、高松宮杯1着、京都大賞典4着、オープン2着、有馬記念2着

□ハイセイコーを知るおすすめ作品

■3代血統図
Son−in−law4×5
*チャイナロック
Chaina Rock

1953 栃栗毛
Rockfella

1941 黒鹿毛
Hyperion
Rockfel
May Wong

1934 栗毛
Rustam Pasha
Wezzan
ハイユウ

1961 黒鹿毛
*カリム
Karim

1953 鹿毛
Nearco
Skylarking
*ダルモーガン
Dalmogan


1950 黒鹿毛
Beau Son
Retioent


  ハイセイコー

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング