MAIN−WAVE
堀内恒夫
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング
 ニュース サイトマップ グループ
ホーム>>>スタディ>>>スポーツ>>>日本プロ野球選手>>>>>>

■堀内恒夫■野球選手■X9時代の巨人のエース

右投右打

身長178センチ、体重73キロ

1948「年1月16日−


堀内恒夫(ほりうち・つねお)は、巨人のV9時代のエース・・・
ON(王貞治長嶋茂雄)とともに、V9の中心選手・・・
入団時は、背番号21だったが、後にエース番号18を着けた・・・



■経歴
小学校時代に右手人差し指を1cm程切断する大ケガを負うが、そのことで独特の大きなドロップカーブを生み出すことに・・・
甲府商で、控え投手として1963年夏の甲子園に出場するが、この年は出場校が多く、甲子園と西宮球場を併用し、甲府商は、西宮組となったので、甲子園へ行くことなく、3回戦敗退・・・
その後、チームのエースとなるが、甲子園出場なし・・・
1965年秋の第1回ドラフト会議で、巨人に1位指名で入団・・・


1年目の1966年に、デビューから13連勝を含む16勝2敗、勝率8割8分9厘、防御率1.39で、新人王と最優秀防御率、最高勝率と沢村賞を獲得・・・
2年目も12勝2敗で最高勝率・・・
同年10月10日に、自身も3本塁打を打ち、ノーヒットノーラン達成・・・
3年目から17勝、14勝、18勝、14勝で、先発の一角を担い、1972年に26勝9敗で、最高勝率と最多勝・・・
1978年を最後に2桁勝利から遠ざかり、1983年に現役引退・・・
その間、1972年がMVP、沢村賞、1972年、1973年が日本シリーズMVPで、巨人のエースとしてV9に貢献・・・


引退後は、1984年から巨人の投手コーチ、1986年から1992年まで解説者・評論家・・・
1993年から1998年まで巨人の投手コーチ、ヘッドコーチを歴任・・・
1993年から2003年まで解説者・評論家・・・
2003年オフに巨人監督に就任・・・
2005年限りで監督退任・・・
2006年から2016年まで解説者・評論家・・・
2008年に野球殿堂入り(日本)・・・
2010年に参院選に出馬し落選・・・
2013年に繰り上げ当選で政治家に・・・(現職死去のため)
2016年の参院選で落選・・・


投手成績・・・

18年、560試合登板、203勝139敗6セーブ、防御率3.22

MVP1回、新人王(1966年)
最優秀防御率1回、最高勝率3回、最多勝1回
沢村賞2回
ベストナイン2回
ダイヤモンドグラブ賞7回
日本シリーズMVP2回
野球殿堂入り(日本)(2008年)

ノーヒットノーラン1回


オレは悪太郎
「甲斐の小天狗」「悪太郎」といわれた堀内恒夫の自叙伝


打撃成績・・・
1010打数174安打、21本塁打、82打点、打率1割7分2厘


監督成績・・・
2年、284試合、133勝144敗7分、勝率4割8分0厘





■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  広瀬叔功
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング