MAIN−WAVE
キタノカチドキ
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング
 ニュース サイトマップ グループ
ホーム>>>スタディ>>>競馬>>>世界の競走馬・日本の競走馬>>>>>>

■キタノカチドキ■テスコボーイ産駒の皐月賞・菊花賞の2冠馬
キタノカチドキ、牡、鹿毛、日本生産、日本調教
生没年月日・1971年3月27日−1983年9月7日
父テスコボーイ 母ライトフレーム
生産者・佐々木節哉  馬主・初田豊
調教師・服部正利  主戦騎手・武邦彦
競走成績・15戦11勝(11−2−1−1) 主な勝利・皐月賞、菊花賞
■コメント
キタノカチドキは、1974年の皐月賞、菊花賞を制したテスコボーイの代表産駒の1頭の2冠馬・・・

500キロ台の巨体と頭が小さく端正なルックスの馬で、同世代には、コーネルランサー(日本ダービー)、フジノパーシア(天皇賞・秋、宝塚記念)、アイフル(天皇賞・秋)がいます・・・。


最初に単枠指定された馬(3冠すべてで単枠指定)・・・


□キタノカチドキを知るおすすめ作品

キタノカチドキは、1971年に佐々木節哉氏が生産・・・

テスコボーイ母ライトフレーム(父ライジングフレーム)という血統です。

父テスコボーイは大種牡馬、母ライトフレームは母系がフロリースカップ系の良血の佐々木節哉氏の父・太郎氏の生産馬だったが、不受胎が続き、息子・節哉氏の元へ・・
その後、人気のテスコボーイと交配され、キタノカチドキが生まれます・・・

半妹にエリザベス女王杯の勝ち馬・リードスワローがおり、近親にマイル王・二ホンピロウイナーらのいる良血・・・

▼現役時代
キタノカチドキは、1973年9月に2歳で、デビューし、2歳時は、デビューから阪神3歳ステークスまで4戦4勝・・・

3歳になっても連勝が続き、皐月賞までデビューから7戦全勝だったが、続く日本ダービーで3着と初めて敗れ、秋に神戸新聞杯、京都新聞杯と連勝し、菊花賞も勝ち、2冠馬・・・

4歳で、オープン2着、マイラーズカップ優勝で、天皇賞・春がイチフジイサミの2着、脚部不安で休養していたが、年末の有馬記念に出走し、レース中の骨折もあり、イシノアラシの8着と生涯唯一の着外・・・
このレースを最後に現役引退・・・

競走成績・・・

2歳 新馬1着、デイリー杯3歳S1着、オープン1着、阪神3歳S1着
3歳 きさらぎ賞1着、スプリングS1着、皐月賞1着、日本ダービー3着、神戸新聞杯1着、京都新聞杯1着、菊花賞1着
4歳 オープン2着、マイラーズカップ1着、天皇賞・春2着、有馬記念8着

▼現役引退後
現役引退後は種牡馬・・・

テスコボーイの代表産駒として期待されたが、主な産駒は、タカノカチドキ(京都4歳特別)、カイラスアモン(東京新聞杯など)などがいる程度・・・

1983年に突然の心臓発作で死亡・・・

□キタノカチドキを知るおすすめ作品

■3代血統図
Nearco4×4、Pharos(Fairway)5×5
テスコボーイ
Tesco Boy

1963 黒鹿毛
Princely Gift

1951 鹿毛
Nasullah
Blue Gem
Suncount

1952 黒
鹿毛
Hyperon
Inquisition
ライトフレーム

1959 黒鹿毛
*ライジングフレーム
Rising Flame

1947 鹿毛
The Phoenix
Admirable
グリンライト

1947 栗毛
*ダイオライト
Diolite
栄幟

GMOクラウドのレンタルサーバー
このホームページ運営に利用しているレンタルサーバー(ホスティング)サービス(旧アイル)

お小遣いサイト
お財布.com
お財布.comをおすすめの理由


  キタノカチドキ
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング