MAIN−WAVE
コダマ
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>競馬>>>世界の競走馬・日本の競走馬>>>

■コダマ■夢の超特急

コダマ、牡、栗毛、日本生産、日本調教
生没年月日・1957年4月15日−1976年6月28日
父ブッフラー 母シラオキ
生産者・鎌田牧場  馬主・伊藤由五郎
調教師・武田文吾(京都)  主戦騎手・栗田勝
競走成績・17戦12勝(12−2−1−2) 主な勝利・皐月賞、日本ダービー、宝塚記念、阪神3歳S
■コメント
コダマは、1957年に生まれました。

コダマの名前は、当時の特急「コダマ」に由来します。

父ブッフラー母シラオキ(父プリメロ)という血統です。

半弟に皐月賞馬・シンツバメ(父ヒンドスタン)がいます。

無敗で皐月賞、日本ダービーを勝った馬で、3歳秋以後は、旧八大競走に勝っていませんが、宝塚記念を制しています。
2歳時(旧表記では3歳)には、阪神3歳ステークスも制しています。

才気あふれた早熟馬で、無骨ながら奥深いシンザンと比較して両馬を管理した武田文吾調教師は「コダマはカミソリの切れ味、シンザンはナタの切れ味」といったとされます。

現役引退後は、桜花賞馬・ヒデコトブキなどを出しました。

▼デビューまで
コダマは、ヒンドスタンのおまけとして購入された輸入種牡馬・ブッフラーの初年度産駒です。

1957年に生まれ、鎌田牧場で生産され、伊藤由五郎氏が馬主で、武田文吾厩舎に入りました。

□コダマを知るおすすめ作品

▼現役時代
▽2歳
コダマは、1959年の2歳の9月に京都でデビューすると、デビューから2連勝で阪神3歳ステークス(馬齢旧表記、現在の2歳)に臨みます。

このレースでも、優勝し、3戦3勝としますが、最優秀3歳牡馬(旧表記、現在の2歳)は、朝日盃3歳ステークスなど4戦4勝のマツカゼオーでした。

▽3歳
1960年になってオープン、中山スプリングステークスと連勝し、5戦5勝で皐月賞に臨みます。
皐月賞でもマツカゼオーに6馬身差をつけて優勝、鞍乗の渡辺正人騎手は皐月賞3連覇です。
続く日本ダービーでもレコードタイムでヤマニンモアに1馬身3/4差をつけて優勝。無敗の2冠馬となります。
すでに日本ダービー前には「トキノミノルの再来」とコダマ人気が高まっていました。
しかし秋になると、オープン2着で、デビュー以来の連勝が7でストップし、さらに阪神大賞典3着、続く菊花賞では1番人気で、3冠を期待されますが、キタノオーザの5着に敗れ、3冠ならず、有馬記念でもファン投票1位ながら当日は5番人気となりスターロッチの6着でした。
2冠が評価され、啓衆社賞の年度代表馬と最優秀4歳牡馬(旧表記、現在の3歳)。

▽4歳
1961年になると大阪杯、スワンステークスと連勝したが、脚部不安で天皇賞・春を回避、長期休養。

▽5歳
休み明けの初戦こそオープン2着でしたが、その後、オープンを2連勝し、宝塚記念優勝を最後に現役引退。
古馬になると、3歳春の2冠の栄光を傷つけないレース選択をしたようでした。
管理した武田調教師もコダマの「早熟」「成長のなさ」を認めてるような発言をしています。
武田文吾調教師の「3冠」と「古馬の栄光」は後の「奥深さ」のあるシンザンが成し遂げています。

▼現役引退後
現役引退後、種牡馬となり、1年目から重賞勝ち馬を出し、3年目にクラシックの桜花賞馬・ヒデコトブキを出しますが、その後は活躍馬が出ませんでした。
1976年に死亡。
1990年JRA顕彰馬に選出されます。

▼競走成績
2歳 新馬1着、宝塚3歳S1着、阪神3歳ステークス1着
3歳 オープン1着、中山スプリングS1着、皐月賞1着、日本ダービー1着、オープン2着、阪神大賞典3着、菊花賞5着
4歳 大阪杯1着、スワンS1着
5歳 オープン2着、オープン1着、オープン1着、宝塚記念1着

□コダマを知るおすすめ作品

■3代血統図
Blandford4×3
*ブッフラー
Bouffleur

1931 鹿毛
Prince Chevalier

1943 鹿毛
Prince Rose
Chevalerie
Monsoon

1924 栗毛
Umidwar
Heavenly Wind
昇城

1944 栗毛
*プリメロ
Primero

1931 鹿毛
Blandford
Athasi
第弐スターカツプ

1940 黒鹿毛
*ダイオライト
Diolite
スターカツプ


  コダマ

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング