MAIN−WAVE
御園生崇男
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング
 ニュース サイトマップ グループ
ホーム>>>スタディ>>>スポーツ>>>日本プロ野球選手>>>>>>

■御園生崇男■野球選手■シーズン最高勝率10割

右投右打

身長170センチ、体重71キロ

1916年1月16日−1965年7月10日


御園生崇男(みそのお・たかお)は、大阪(後の阪神)、阪神の投手で、シーズンでの最高勝率を4回記録している・・・
(ただし、最高勝率のタイトルは3回、1939年のシーズンでの最高勝率は、御園生だった(14勝3敗・勝率8割2分4厘)が、最高勝率のタイトルは、若林忠志が獲得(28勝7敗・勝率8割0分0厘)している)
シーズン勝率10割を(11勝0敗で1937年秋に)記録しているが、これは景浦将(6勝0敗・1936秋)、間柴茂行(15勝0敗・1981年)、田中将大(24勝0敗・2013年)と並ぶプロ野球タイ記録・・・


1937年春から3シーズンをまたいで18連勝・・・
また、2季連続(1937年秋=11勝0敗・勝率10割、1938年春=10勝1敗・勝率9割0分9厘)で最高勝率のタイトルを獲得・・・



関西大を中退し、大坂入団・・・
投球に関しては、諸説あり、快速球がうなりをあげ野蛮だったといわれる一方、制球がよく、粘り強く投げていたとの話も・・・
投球が野蛮だったという話もあるが、ロイド眼鏡で性格が非常に温厚だったともいわれ、当時は珍しいゴルフや麻雀をたしなむモダンボーイでもあった・・・
写真の印象では、後者の温厚なイメージだが、はたして・・・


投手であったが、打者としても活躍し、投手以外に野手でも活躍し、俊足で6つの本盗を含む87盗塁を記録・・・
1950年には内野手登録・・・
1951年に現役引退・・・


引退後は、投手コーチ、二軍監督などを歴任、解説者としても活躍・・・


1965年に死去、49歳没・・・


投手成績・・・
14年、防御率2.39、127勝70敗、勝率6割4分5厘
最高勝率3回


打撃成績・・・
14年、打率2割4分5厘、5本塁打、247打点、87盗塁





■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  村山実
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング