MAIN−WAVE
中島治康
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング
 ニュース サイトマップ グループ
ホーム>>>スタディ>>>スポーツ>>>日本プロ野球選手>>>>>>

■中島治康■野球選手■日本プロ野球初の打撃三冠王

右投右打

身長175センチ、体重73キロ

1909年6月28日−1987年4月21日


中島治康(なかじま・はるやす)は、日本プロ野球史上初の打撃三冠王、戦前の打撃三冠王です・・・
愛称は班長・・・



旧制松本商業(現・松商学園高)でエースで四番で1928年の第14回全国中等学校優勝野球大会で優勝・・・
早大商学部に進むと、野手に転向・・・
東京六大学リーグで、通算18試合に出場、49打数12安打、打率2割4分5厘・0本塁打・4打点・・・
藤倉電線を経て、1934年に大日本東京野球倶楽部(後の巨人)に入団、そのまま巨人が結成され参加・・・

1936年にリーグ戦が始まると。春のリーグから右翼手でクリーンアップを打ち、巨人の球団最初の本塁打を放つ・・・
秋から主に四番を打ち、春・秋通算でチームトップの2割6分7厘・・・
1937年春には。本塁打王、秋には打点王。1938年春には首位打者・・・
圧巻だったのは、同年秋で、10月から11月に固め打ちし、打率3割6分1厘・10本塁打・38打点で、日本プロ野球初の打撃三冠王・・・
(しかし、当時は三冠王の概念がなく、戦後の1965年に野村克也が三冠王を獲得した際、1938年秋の成績も三冠王と認められた・・・)
なお、1938念は春秋通算でも、打率2割5分3厘・11本塁打・63打点で3部門ともトップ・・・
シーズン10本塁打は、鶴岡一人と並ぶ戦前最多タイ記録・・・
その後も1940年まで4番で1941年以降は川上哲治に続く5番などで、1940年と1942年に2度の打点王・・・
1939年から1943年までの巨人の第1次黄金時代の主軸打者で活躍・・・
1943年は選手拳監督、1944年兵役で退団・・・
戦後の1946年途中で、選手兼監督で復帰・・・
1947年から監督問題で揺れ、1950年に大洋に移籍・・・
1951年に選手兼監督となったが、成績不振でシーズン途中で監督を退任・・・
選手も同年に引退(大洋での2年間は試合出場は少ないもののいずれも打率3割以上)・・・
引退後は新聞記者・・・
1963年に野球殿堂(日本)入り・・・
1982年から1984年奈で巨人OB会会長・・・
1887年4月21日死去、77歳没・・・


パワーと悪球打ちで「ボール打ちの名人」として知られる・・・
たとえどんな悪球でも打つと決めたら打つので決まった「時間割」のようで「時間割」ともいわれた・・・
ワンバウンド投球を本塁打にしたとの伝説も・・・
声が大きく、号令係となり「班長」と呼ばれた・・・
1940年5月24日に、本塁打、二塁打、三塁打を記録し。あとは単打が出ればサイクル安打1号になるところだったが、次の打席を二塁打にしたため、機会を逃してしまった・・・



打撃成績・・・
14年、57本塁打、493打点、打率2割7分0厘
最高殊勲選手(MVP)1回
首位打者2回。本塁打王2回、打点王4回
最多安打3回
ベストナイン1回
打撃三冠王1回(1938年秋)


監督成績・・・
302試合、169勝127敗6分。勝率5割7分1厘
リーグ優勝3回





■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  中島治康
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング