MAIN−WAVE
朝青龍明徳
ホーム テーマ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>大相撲>>>21世紀の最強力士>>>

■21世紀の最強力士−INDEX■■■■■

朝青龍明徳 白鵬翔(制作中)
 

■朝青龍明徳■「強さ」だけ求めた横綱

朝青龍 明徳(あさしょうりゅう あきのり)
本名・ドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ〜出身地・モンゴル・ウランバートル〜身長184cm、体重147kg
生没年月日−1980年9月27日−
最高位・横綱
■コメント

朝青龍は第68代横綱で、優勝25回、7連覇、年間完全優勝などを記録した「平成の大横綱」ですが、「強さ」のみを求めた「品格」とは無縁のあまりいい意味ではなく「孤高」の存在でしたね。

「品格」とは何かを問題提議しましたね。

▼履歴

モンゴル相撲で活躍し、明徳義塾高に相撲留学。

同高在学中に角界入り(後に卒業が認められる)。

1999(平成11)年1月に初土俵。

初土俵から11場所目に新十両。

そして13場所目の2001(平成13)年1月に新入幕。

入幕から2場所は9勝6敗の好成績ながら、三賞を逃し、3場所目に8勝7敗ながら殊勲賞に・・・

翌場所は7勝8敗と負け越すが、以後は10勝5敗(敢闘賞・金星)、10勝5敗(敢闘賞)、8勝7敗、11勝4敗(殊勲賞)、11勝4敗(敢闘賞)、12勝3敗(殊勲賞)で翌場所の2002(平成14)年9月に大関昇進。

10勝5敗、14勝1敗(優勝)、14勝1敗(優勝)で、翌場所の2003(平成15)年3月に横綱昇進。

以後はしばらく連覇がなかったが、2004(平成16)年に4連覇を含む5回の優勝、2005(平成17)年は年6場所で6回の完全優勝(!)をし、7連覇を達成、2006(平成18)年も4回の優勝、さらに2007(平成19)年にかけ4連覇をしました。

このへん(特に2005年)が全盛期でしたね。

横綱昇進の時(厳密にはそれ以前も・・・)からいわゆる「品格問題」で話題となりましたが、モンゴルでサッカーをしたこと、ケガの診断書などが問題となり、出場停止2場所などの処分・・・

若干存在感は薄くなったものの、ある程度存在感を見せていた朝青龍でしたが、2010(平成22)年1月に25回目の優勝をしましたが、翌場所の2010(平成22)年3月に、「品格問題」に絡むトラブルで現役を引退・・・

最後まで「強さ」のみ求め、「品格」とは無縁だった「平成の大横綱」でしたね。


現在はモンゴルなどを拠点に時々ニュースに出ますね。

今後の彼の動向にある意味注目ですね。


▼朝青龍に対する人物評

いわゆる「横綱の品格」問題で問題を起こし、引退もこの問題がからみました
「強さ」が大事で「品格」「人格」などはあまり考えていなかったようです

▼朝青龍の体格
身長184センチ、体重147キロは、彼の時代では平均的で、器用で運動神経で取る相撲といってよいかもしれません

▼「勝つ相撲」を求めた横綱

タイプ的には「勝つ相撲」ですね
いわゆる「横綱の品格」や「負けない」ことをあまり考えない「勝つ相撲」を求めたようです

▼成績と記録

幕内通算成績 596勝153敗76休 勝率7割9分6厘 55場所で優勝25回
横綱在位成績 463勝91敗76休 勝率8割3分6厘 42場所で優勝23回

この成績を記録で分析してみます。

▽勝率〜
幕内通算では7割9分6厘と8割を欠けるが、横綱在位では8割3分6厘とはね上がる
しかし、7連覇など「強さ」のわりには・・・

▽優勝〜25回〜史上5位
白鵬34回(平成27=2015年・5月現在・現役継続中)、大鵬(32回)、千代の富士(31回)、雷電(為)(28回)に次ぐ史上5位
(ただし、雷電(為)の28回は優勝相当)

▽連覇〜7〜史上2位タイ
優勝相当時代の雷電(為)の9連覇に次ぐ史上2位タイ
(白鵬は、史上2位タイの7連覇(2015年5月現在、技量審査場所などを含む)していますが、現役中で変動の可能性あり)

▽連勝〜35
朝青龍の最多連勝は35であり「勝つ相撲」の特徴の優勝回数の割に控え目になっている
(白鵬は、史上2位タイの63連勝(2015年5月現在)していますが、現役中で変動の可能性あり)


▼ライバル

朝青龍のライバルにはやはり白鵬ですね。


白鵬翔
モンゴル・ウランバートル出身、身長192cm、体重155kg

幕内通算成績 場所66 826勝143敗21休 勝率8割5分2厘 優勝34回(数字はいずれも平成27=2015年・5月現在)
横綱在位成績 場所47 621勝69敗 勝率8割9分7厘 優勝31回

最高位・横綱

優勝34回、うち全勝11回、63連勝(平成27=2015年・5月現在)などさまざまな記録を持つ「平成の大横綱」です
父がモンゴル相撲の大横綱で、モンゴル初の五輪メダリスト(銀メダル)
幕内通算成績の勝率は年6場所制で驚異の8割5分2厘だが横綱在位成績はなんと勝率8割9分7厘にはねあがる(平成27=2015年の夏場所現在)

対戦成績 ○●○○○○○●●●○○○●○●○○●●●●●●●
12勝13敗(対戦成績は朝青龍から見てです)

上記対戦は本割のみで決定戦は含まれていません
決定戦では朝青龍の3勝1敗です

白鵬翔についての更なる詳細は、21世紀の最強力士内の白鵬翔(制作中)を参照


■幕内通算成績
場所 番付 成績 星取表 優勝 備考
平成13(2001)1月 西前13 9勝6敗 ○○○●○●○●○○●○●○●    
平成13(2001)3月 東前6 9勝6敗 ○○●●○●○○○○●○●○●    
平成13(2001)5月 西小結 8勝7敗 ○○●○○●●○○●●●○●○  
平成13(2001)7月 東小結 7勝8敗 ●●●○○●○●●○○○●○●    
平成13(2001)9月 西前1 10勝5敗 ●○○○○○○●○●●○●○○   敢、金
平成13(2001)11月 東小結 10勝5敗 ○○○●●○●○○○○●○○●  
平成14(2002)1月 西関脇 8勝7敗 ○●○●○●●○○●○○○●●    
平成14(2002)3月 西関脇 11勝4敗 ●○●●○○○○●○○○○○○  
平成14(2002)5月 東関脇 11勝4敗 ○○●○●○●○○○○●○○○  
平成14(2002)7月 東関脇 12勝3敗 ○○○○○○○○○●○○●○●  
平成14(2002)9月 東大関3 10勝5敗 ○○○○○○○○●○●●●●○    
平成14(2002)11月 東大関2 14勝1敗 ○○○○○○○○○○●○○○○  
平成15(2003)1月 東大関 14勝1敗 ○○○○○○○○●○○○○○○  
平成15(2003)3月 西横綱 10勝5敗 ○○●○○○●○●○○○○●●    
平成15(2003)5月 東横綱 13勝2敗 ○○○○○○○○●○○○○●○  
平成15(2003)7月 東横綱 5勝5敗5休 ○●○○●○○●●■休休休休休    
平成15(2003)9月 東横綱 13勝2敗 ○○○○○○○○○○○○●●○  
平成15(2003)11月 東横綱 12勝3敗 ○●○○○○○○○○○○●○●    
平成16(2004)1月 東横綱 15勝 ○○○○○○○○○○○○○○○  
平成16(2004)3月 東横綱 15勝 ○○○○○○○○○○○○○○○  
平成16(2004)5月 東横綱 13勝2敗 ○○○○○●○○○○●○○○○
平成16(2004)7月 東横綱 13勝2敗 ○○○○○○○○○○●●○○○  
平成16(2004)9月 東横綱 9勝6敗 ○○○●●○○○○○○●●●●    
平成16(2004)11月 東横綱 13勝2敗 ○○○○○○○○○○●○○○●  
平成17(2005)1月 東横綱 15勝 ○○○○○○○○○○○○○○○ 10  
平成17(2005)3月 東横綱 14勝1敗 ○○○○○○○○○○○○●○○ 11  
平成17(2005)5月 東横綱 15勝 ○○○○○○○○○○○○○○○ 12  
平成17(2005)7月 東横綱 13勝2敗 ○○○○○○○●○○●○○○○ 13  
平成17(2005)9月 東横綱 13勝2敗 ●○○○○○○○○○●○○○○ 14
平成17(2005)11月 東横綱 14勝1敗 ○○○○○○○○○○○○●○○ 15  
平成18(2006)1月 東横綱 11勝4敗 ○●○○○○○○○○○●●○●    
平成18(2006)3月 東横綱 13勝2敗 ○○○○○○○○○○●○○○● 16
平成18(2006)5月 東横綱 1勝2敗 ○●■休休休休休休休休休休休休    
平成18(2006)7月 東横綱 14勝1敗 ○○○○○○○○○○○○○○● 17  
平成18(2006)9月 東横綱 13勝2敗 ○○○○○●○○○○○○○●○ 18  
平成18(2006)11月 東横綱 15勝 ○○○○○○○○○○○○○○○ 19  
平成19(2007)1月 東横綱 14勝1敗 ○○●○○○○○○○○○○○○ 20  
平成19(2007)3月 東横綱 13勝2敗 ●●○○○○○○○○○○○○○  
平成19(2007)5月 東横綱 10勝5敗 ○○○○○○○○○●○●●●●    
平成19(2007)7月 東横綱 14勝1敗 ●○○○○○○○○○○○○○○ 21  
平成19(2007)9月 東横綱 15休 休休休休休休休休休休休休休休休   出停※
平成19(2007)11月 西横綱 15休 休休休休休休休休休休休休休休休   出停※
平成20(2008)1月 西横綱 13勝2敗 ○●○○○○○○○○○○○○●    
平成20(2008)3月 西横綱 13勝2敗 ○○○○○○○○○○○●●○○ 22  
平成20(2008)5月 東横綱 11勝4敗 ●○○○○○○○○○●●●○○    
平成20(2008)7月 東横綱 3勝3敗9休 ●○○○●■休休休休休休休休休    
平成20(2008)9月 西横綱 5勝5敗5休 ○○●○○●○●●■休休休休休    
平成20(2008)11月 西横綱 15休 休休休休休休休休休休休休休休休    
平成21(2009)1月 西横綱 14勝1敗 ○○○○○○○○○○○○○○● 23
平成21(2009)3月 東横綱 11勝4敗 ○○○○○○○○○●○●○○●    
平成21(2009)5月 西横綱 12勝3敗 ○○●○○○○○○○○○○●●    
平成21(2009)7月 西横綱 10勝5敗 ○○○○○○○●●○●○○●●    
平成21(2009)9月 西横綱 14勝1敗 ○○○○○○○○○○○○○○● 24
平成21(2009)11月 東横綱 11勝4敗 ○○○○○○○○○○○●●●●    
平成22(2010)1月 西横綱 13勝2敗 ○○○○●○○○○○○○○○● 25  
 幕内通算成績 55場所 596勝153敗76休 勝率7割9分6厘 優勝25回
 殊勲賞3回 敢闘賞3回 金星1個
 
 ※出停=出場停止


■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  朝青龍明徳

ホーム テーマ ショッピング