MAIN−WAVE
稲尾和久
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング
 ニュース サイトマップ グループ
ホーム>>>スタディ>>>スポーツ>>>日本プロ野球選手>>>>>>

■稲尾l和久■野球選手■神様仏様稲尾様、(戦後の)鉄腕

右投右打

身長180センチ、体重80キロ

1937年6月10日−2007年11月13日


「神様仏様稲尾様」といわれ、「(戦後の)鉄腕」といわれた稲尾和久(いなお・かずひさ)は、プロ野球史上屈指の連投、多投で好成績を挙げたタフな「鉄腕」であり、安定感があり、制球力のある投手・・・


大分県立別府緑丘高から1956年に、西鉄に入団するが、無名であり、当初は、打撃投手を務めていたが、キャンプ後半には打者を打ち取る場面が増え、中西太、豊田泰光の推薦もあり、稲尾は、1軍の投手枠に入る・・・
最初は、敗戦処理の扱いだったが、相手を抑え、登板機会も増え、
1年目から21勝6敗で防御率1.06のパ・リーグ記録を作り、新人王と最優秀防御率を獲得・・・
2年目の1957年は当時のプロ野球記録のシーズン20連勝をし、史上最年少でリーグMVP・・・
3年目の1958年も2年連続リーグMVP・・・
1958年の巨人との日本シリーズでは、いきなり3連敗し、降雨順延で、第4戦で先発しシリーズ初勝利・・・
第5戦ではリリーフでシリーズ初のサヨナラ本塁打・・・
第6戦・第7戦を完投勝利し、西鉄の日本一に貢献・・・
そのすさまじい活躍から「神様仏様稲尾様」といわれた・・・

1959年も30勝を挙げ、史上唯一の3年連続30勝以上を記録・・・
1956年から1958年に3年連続で西鉄は日本一になるが、大下弘中西太豊田泰光らを擁した「野武士軍団」・超攻撃的「流線形打線」に、安定感のある稲尾をエースとしたこの頃の西鉄は、プロ野球史上最強という人も・・・
1961年は、78試合(パ・リーグ記録)に登板し、ヴィクトル・スタルヒンと並ぶシーズン42勝のプロ野球記録・・・
翌1962年に通算200勝達成・・・
25歳8ケ月での通算200勝は金田正一に次ぐ年少記録、プロ7年目の通算200勝は、史上最速・・・
1963年も28勝を挙げ、西鉄のリーグ優勝に貢献するが、日本シリーズで巨人に敗れている・・・

しかし、それまでの酷使で肩を痛め、1954年は0勝に転落・・・
以後は、1965年の13勝、1966年の11勝以外は1ケタ勝利で、1969年に現役引退・・・


太く短い、全盛期の活躍がすさまじい現役生活だった・・・
2012年に背番号「24」は、永久欠番に・・・

1970年から6年間、西鉄、太平洋(1973年に球団名が西鉄から変更)の監督・・・
32歳の専任監督就任は史上最年少・・・


監督退任後は、球団フロントや野球解説・・・

1984年からロッテ監督、1986年退団・・・
落合博満は、稲尾の監督の人間性などを高く評価・・・


1993年、野球殿堂入り(日本)・・・
解説者などを務める・・・

2007年11月13日死去、70歳没・・・

本人は「決め球はスライダー」といっていたが、本当の決め球はシュートで、それを見抜いたのは野村克也だけだった・・・
しかし、スライダーもプロ野球屈指で、青田昇は「本当のスライダーを投げたのは、藤本英雄、稲尾和久、伊藤智仁」としている・・・
他にフォークボールも習得したが、対榎本喜八用で、榎本喜八を抑えるためだけに榎本喜八だけに1試合5、6球限定で、フォークボールを投げた・・・
榎本喜八には、スライダーもシュートも打たれたのでフォークボールを投げたとされる・・・
稲尾は、榎本喜八を「最強の打者」に挙げている・・・
速球は良く伸び、コントロールも抜群だったといわれる・・・
投球術に優れたことでも知られ、彼の相手を打ち取る配球は、一般に「逆算のピッチング」で知られるが、それを会得したのが1958年の日本シリーズでの長嶋茂雄との対決とされる・・・また、長嶋の感性で打つ自然体の打撃に対抗するために長嶋の微妙な動きで瞬時に球種を変更する投球をしたという・・・
稲尾は、対戦に苦労した打者としてパ・リーグでは榎本喜八、セ・リーグでは長嶋茂雄を挙げている・・・
また、マウンドマナーが良かったことでも知られ、マウンドはいつもきれいに整備されていたといわれる・・・
連投や多投もいとわず、チームのためにの「滅私奉公」ぶりもあったといわれる・・・

その心意気が「鉄腕」と呼ばれる連投、多投につながり、太く短い現役生活につながった・・・


投手成績・・・
14年、防御率1.98、276勝137敗
MVP2回、新人王
最優秀防御率5回、最高勝率2回、最多勝4回、奪三振王3回(当時表彰なし)
日本シリーズMVP1回
野球殿堂入り(日本)(1993年)


神様、仏様、稲尾様ー私の履歴書
「神様、仏様、稲尾様といわれた伝説的投手・稲尾和久の自伝


鉄腕伝説 稲尾和久
「神様仏様、稲尾様」とうたわれた1958年の伝説の日本シリーズを秘蔵のエピソードや写真など伝説で綴る鉄腕・伊野和久伝説



監督成績・・・
8年、431勝545敗54分、勝率4割4分2厘,





■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  稲尾和久
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング