MAIN−WAVE
大下弘
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング
 ニュース サイトマップ グループ
ホーム>>>スタディ>>>スポーツ>>>日本プロ野球選手>>>>>>

■大下弘■野球選手■青バットの天才打者

左投左打

身長173センチ、体重70キロ

1922年12月15日−1979年5月23日

戦後のプロ野球界に彗星のように現れた青バットの天才打者・大下弘(おおした・ひろし)・・・
「打撃の神様」川上哲治の赤バットに対抗して青バットにしたのは、当時の流行歌「リンゴの唄」の歌詞「赤いリンゴに唇寄せて、黙って見ている青い空」からの着想だという・・・


3歳の時に、父を亡くし、1935年に台湾・高雄市に移住すると、地元の商業学校で野球や他のいくつかのスポーツに打ち込み、学業も首席で卒業する秀才だった・・・
卒業後は、明大予科から商学部へ進学・・・
その後、学徒出陣で、陸軍航空士官学校を卒業し、特攻隊に志願するも間一髪で終戦を迎える・・・
終戦後は、明大商学部に復学・・・



1945年に、新設球団セネタースに入団、同年11月に東西対抗線で戦後初の柵越え本塁打の衝撃デビュー・・・
1946年に、当時のリーグ記録を大幅に更新する20本塁打を記録・・・
この年のリーグ本塁打が211本で、大下の20本塁打は、全体の9.5パーセントで、本塁打シェア率が2011年の西武・中村剛史の10.57パーセントに抜かれるまで、65年間日本記録だった・・・
この年の本塁打は、左翼への20号を除き全て右翼方向の極端なプルヒッター(引っ張り打者)で、変化球はお手上げで、速球を強引に引っ張り、三振もリーグ断トツの80だった・・・
戦後の大下の虹を描くかのような本塁打で、ホームランブームに・・・
本来中距離打者で打率中心の強打者の川上哲治でさえ、本塁打狙いの打撃になったほど・・・
大下の出現は革命的だった・・・
1947年から青バットを使い、川上の赤バットと人気を二分・・・
しかし、塗装がつき、カラーバットの使用禁止・・・
さらに、1948年に竹製バットを使用し、違反バットで処分されたことも・・・
違反バットは発覚しても注意だけで、上記が唯一の処分・・・
1949年8月18日に日本プロ野球最長の170メートルの本塁打・・・
同年11月19日には、日本プロ野球史上唯一の延長なしの1試合7打数7安打・・・
1951年には、当時の最高記録打率3割8分3厘1毛で首位打者と本塁打王・・・
同年の打率1位と2位の差は、プロ野球記録・・・
大下の母親はヒロポン中毒に苦しんでおり、そこから球団と確執が生まれ、周囲を巻き込んだいわゆる「大下騒動」で、1952年のシーズン途中で西鉄へトレード移籍・・・
なお、この年は大下のトレードの相手・深見安博が25本で本塁打王となっており、2球団にまたがる本塁打王・・・
1954年に打率2位で、チームの優勝に貢献し、シーズンMVP・・・
1956年から1958年に、巨人を相手に3年連続日本一・・・
稲尾和久をエースに大下弘、中西太豊田泰光らと超攻撃的「流線形打線」を形成し、四番打者として主軸を担った・・・
1957年は、日本シリーズMVP・・・
この頃の西鉄が日本プロ野球史上最強という声も・・・

1959年現役引退・・・



引退後は、解説者、評論家、打撃コーチなどを歴任・・・
1968年に東映の監督に就任し、「サインなし、罰金なし、門限なし」の「三無主義」を打ち出す(実は大川博オーナーの発案)が、成績不振でシーズン途中に辞任・・・
大下は純粋すぎ監督向きではなかったようだ・・・
その後は、解説者、打撃コーチなどを歴任・・・
大洋の打撃コーチでは、長崎恵一、山下大輔らを育てた・・・
少年野球の指導もしたが、脳血栓で、左半身麻痺の後遺症が残り、リハビリに励む・・・
1979年5月23日死去、56歳没。

1980年に野球殿堂(日本)入り・・・
逝去当時は死因は「脳梗塞」だったが、睡眠薬による事実上の自殺と明らかになっている・・・


ホームランをポンポン打つことから「ポンちゃん」の愛称・・・
「青バット(の天才打者)」・・・
男前のルックスで女性にもて、柔らかい打撃フォームから虹を描くような大飛球の本塁打を量産・・・
練習嫌いで知られたが、三原脩などによってかなりの努力家であることが明らかにされている・・・
その三原脩によると「
プロ野球の天才打者を5人選ぶとしたら、川上、大下、中西長嶋・・・3人にしぼるとしたら大下、中西、長嶋(大下、中西、王の説も)・・・1人選ぶとしたら大下」といったといわれる・・・

大下周辺には、遊郭のエピソードなど事欠かなく、賭博もよくやったようだが、仲間に引きずり込んだ相手の貯金をしていたとも・・・
酒豪伝説もあり、7打数7安打も酒豪伝説にからまるが、大下本人は、酒豪ではなく、ビール瓶1本程度の酒量だったという・・・



打撃成績・・・
14年、1537試合、5500打数1667安打、201本塁打、861打点、146盗塁、打率3割0分3厘
最高殊勲選手(MVP)1回
首位打者3回、本塁打王3回
最多出塁数2回
最多安打1回※当時表彰なし
ベストナイン8回
日本シリーズMVP1回
オールスターゲームMVP1回(1957年第1戦)
野球殿堂(日本)(1980年)
シーズン、日本シリーズ、オールスターゲームの全てでMVP


大下弘 虹の生涯
「青バットの天才打者」の数奇な生涯を追う

青バットのポンちゃん大下弘
「青バットトの天才打者」の光と影・大下弘の実像を追う



投手成績・・・
2年、8試合登板、0勝1敗、防御率4.70


監督成績・・・
1年、80試合、30勝46敗4分、勝率3割9分5厘





■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  杉下茂
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング