MAIN−WAVE
西村幸生
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング
 ニュース サイトマップ グループ
ホーム>>>スタディ>>>スポーツ>>>日本プロ野球選手>>>>>>

■西村幸生■野球選手■酒仙投手

右投右打

身長167センチ、体重64キロ

1910年11月10日−1945年4月3日


西村幸生(にしむら・ゆきお)は、1937年秋、1938年春の大阪が最強だった時のエースで、特に1937秋には、15勝で最多勝のタイトルを獲得・・・
(他に防御率1.48で最優秀防御率のタイトルも獲得)
(ちなみに、1938年春は11勝で、防御率1.53で最優秀防御率のタイトルを獲得)

お酒が好きだったことから「主戦投手」をもじり、「酒仙投手」とも呼ばれた・・・


しかし、「酒豪」といわれるほどではなく、一人で人一倍の練習をしていたり、宿舎では禁酒の規則を守っていたとも・・・
酒を飲んで暴れても、翌日にすばらしい投球で勝ち投手になったことも・・・
制球力があり、当時の監督の石本秀一は「コントロールは、稲尾和久と西村が双璧だった」といっている・・・巨人・沢村栄治と同郷で、沢村との対戦を望み、関西大から大阪に入団した・・・
1937年秋には、沢村らに投げ勝ち、大阪優勝の立役者に・・・
この年は、15勝を挙げ、最優秀防御率と最多勝のタイトルを獲得し、MVPに・・・
翌1938年春も最優秀防御率のタイトルを獲得し、11勝で大阪優勝に貢献・・・
1939年に大阪を退団、プロ野球を去る・・・
1940年に実業団でプレーし、引退・・・


1943年から兵役、1945年に戦死、34歳没・・・
1977年に野球殿堂入り(日本)・・・


投手成績・・・
3年、防御率2.01、55勝21敗
MVP1回、最優秀防御率2回、最多勝1回


初代巨人キラー=阪神の名投手西村幸生の生涯
戦前に、阪神が最強だった時のエース
酒仙投手といわれた伝説の投手、初代巨人キラー




■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  西村幸生
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング