MAIN−WAVE
杉下茂
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング
 ニュース サイトマップ グループ
ホーム>>>スタディ>>>スポーツ>>>日本プロ野球選手>>>>>>

■杉下茂■野球選手■フォークボールの神様、フォークボールの元祖

右投右打

身長182センチ、体重71キロ

1922年9月17日−

杉下茂(すぎした・しげる)は、日本野球初の本格的フォークボールの使い手とされ、日本プロ野球初の完全試合達成者の藤本英雄が日本野球における「スライダーの元祖」なら、杉下は同じく「フォークボールの元祖」といわれる・・・
影響力の大きさなどから「フォークボールの神様」ともいわれています・・
今のようにフォークボールを多投せず、ここぞの場面で「切り札」として使ったので、1試合のフォークボールは、せいぜい5、6球だったという・・・


「魔球」といわれる変化球は数あれど杉下茂のフォークボールはその最たるものかもしれない・・・
杉下によると、失投でないフォークボールを打たれたのは現役の晩年に長嶋茂雄に打たれた1本だけだという・・・

(実はプロ入り前のフォークボールを覚えたての頃のある試合にも当たり損ねの安打を打たれたことがある・・・初めて投げたフォークボールが当たり損ねの内野安打となり、縁起が悪いとフォークボールを封印したことがある)

旧制帝京商では、後に中日の監督などになる天地俊一の元で「4番・一塁」で、長身のため、控え投手だったが弱肩だった・・・
手榴弾投げの練習で肩が強くなったといわれる・・・
戦後にアマチュア野球のいすゞ自動車に入社し、投手としてノーヒットノーランを達成するなど活躍・・・
天地の母校・明大専門部に進学し、天地からアメリカ経由で伝わったフォークボールを教えられる・・・
前述のように、ある試合で最初にフォークボールを投げると、当たり損ねの内野安打となり、縁起が悪いとフォークボールを封印すろ・・・


専門部から中日入団・・・
1949年に、中日に入ると、初登板の東急戦で、フォークボールの封印を解き、大下弘(青バットの天才打者)から3奪三振・・・
この年は8勝・・・

1950年から1955年まで6年連続20勝以上を含む9年連続2ケタ勝利・・・
特に、1954年は、天知監督時代だが、32勝、防御率1.39、273奪三振などで、投手5冠(同一シーズンに防御率、勝率、勝利数、奪三振数、完封数がリーグトップ)・・・
400勝投手投手・金田正一との投げ合いにも全勝・・・
中日をリーグ優勝、日本一に導き、セ・リーグMVP(上記の好成績)、日本シリーズMVP(対西鉄で中日の4勝3敗で、杉下は3勝1敗の活躍)に輝く・・・・

日本シリーズ第7戦は、さすがに日本一がかかっており、フォークボールを多投し、勝利したという・・・

金田と杉下の投げ合いは、1950年代のプロ野球の名勝負だったが、1955年5月10日に杉下はノーヒットノーランを達成しているが、四球1で、その四球は相手投手の金田だった・・・
(ちなみに、その金田は,1967年8月21日の中日戦で完全試合を達成している)
1957年の通算200勝を達成しているが、名球会に「昭和生まれ以降」の通算200勝、通算2000安打達成者が対象のため、杉下は名球会には入っていない・・・
1958年に事実上引退・・・

引退後は、投手コーチ、監督、解説者などを務めた・・・
1985年に野球殿堂入り(日本)・・・
今でも解説者の傍ら、臨時の投手コーチで指導することも・・・


前述のように、杉下は日本初のフォークボールの使い手で、プロ入り前に最初にフォークボールを投げた試合で、フォークボールが当たり損ねの内野安打となったため、縁起が悪いとフォークボールを封印したが、プロ入り後は、フォークボールの封印を解いた・・・
しかし、現在のフォークボールの使い手のように、フォークボールを多投せず、ここぞの場面でしか使わなかった・・・
フォークボールは、「最後の切り札」であり、打倒の目標としていた(打撃の神様)川上哲治を抑える「神様用のボール」だった・・・
もし、杉下がフォークボールをもっと駆使していたら奪三振や勝利がもっと増えたかもしれない・・・
杉下のフォークボールは、ナックルボールのように無回転で落ち、調子のいい時は、二段階で落ちたという・・・
前述のように、失投でないフォークボールが打たれたのは、現役の晩年の長嶋茂雄に打たれた1本だけだったという・・・
名勝負をした金田正一は、「私が見た最高の投手は藤本(英雄)さん(プロ野球初の完全試合達成、スライダーの元祖)でも別所(毅彦)さん(310勝投手)でもない、正真正銘のフォークボールを投げた杉下(茂)さん」と語っている・・・
杉下は、フォークボールの亜流が多く、現在のフォークボールといわれものは、ほとんどがスプリットだといい、「本物のフォークボールを投げた投手」として、私(杉下茂)、村山実村田兆治、野茂英雄、佐々木主浩を挙げている・・・
ただし、杉下は、投手の本筋は、変化球ではなく、速球と制球力(コントロール)と考えているようだ・・・


投手成績・・・
11年、防御率2,23、215勝123敗
MVP1回、最優秀防御率1回、最高勝率1回、最多勝2回、奪三振王2回(当時表彰なし)
日本シリーズMVP1回
沢村賞3回
ノーヒットノーラン1回
野球殿堂入り(日本)(1985年)



伝える わたしが見てきた野球80年
f「フォークボールの神様」が野球について綴った書籍

伝えるU(プロ野球努力の神様たち)
「フォークボールの神様」が野球について伝えます、球界の裏話満載・・・



監督成績・・・
4年、182種215敗8分、勝率4割5分8厘




■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  杉下茂
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング