MAIN−WAVE
広瀬叔功
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング
 ニュース サイトマップ グループ
ホーム>>>スタディ>>>スポーツ>>>日本プロ野球選手>>>>>>

■広瀬叔功■野球選手■盗塁の職人・天才

右投右打

身長176センチ、体重72キロ

1936年8月22日−


広瀬叔功(ひろせ・よしのり)は、南海黄金時代のリードオフマンで、5年連続盗塁王などを記録した・・・
「鷹の爪」と呼ばれ、愛称は「チョロ」でトカゲを思わせるすばやい動き・・・
通算盗塁数は日本プロ野球で歴代2位だが、通算盗塁成功率では歴代1位で、ただ盗塁数を重ねるのではなく、ここ一番の重要な場面で走った「盗塁の職人」・・・
盗塁技術はもちろん天才的だったが、盗塁だけでなく、打撃や守備にも天才的なところがあったという・・・


広瀬は、高校では投手で、活躍し、1954年に、南海の入団テストを受け、高校卒業後の南海入団が決まった・・・


1955年に南海に入団し、入団後の肘のケガで、投手をあきらめ、俊足や打撃を生かし、野手に転向・・・
1956年に、公式戦初打席初安打、先発出場で4打数4安打で盗塁も決め、その後も活躍し、存在感を示し1957年シーズン途中から、遊撃手に抜擢され、レギュラー定着・・・1959年には、南海の日本一に貢献するが、遊撃手としての失策も肩は強いが多い・・・
1961年に守備位置を中堅手に変わり、盗塁王に初めて輝くと、以降5年連続盗塁王に・・・「プロ野球のスピード値を変えた男」ともいわれ、盗塁の価値に目を向けさせ、盗塁王のタイトルの個人表彰創設にも影響を与えた・・・
1963年には、リーグ5位の打率2割9分9厘で、当時パ・リーグ記録のシーズン187安打を記録・・・
1964年には、シーズン打率3割6分6厘で当時のプロ野球の右打者の最高打率記録を作り、首位打者となる・・・

途中までは、打率4割以上だったが、手首の腱鞘炎などで、打率が降下してしまい、打率4割ならずは惜しかったですね・・・
この年は、盗塁王も獲得し、史上初の首位打者と盗塁王の同時受賞・・
南海の日本一にも貢献・・・
以後は、手首の腱鞘炎などに苦しみ、1972年に通算2000安打を記録・・・
1977年に現役引退・・・



引退後の1978年から南海の監督・・・
3年務め辞任し、解説者、スポーツ評論家、コーなどを歴任・・・
1999年に野球殿堂入り(日本)・・・
1999年からは、解説者などを務めている・・・


通算盗塁数は、歴代2位の596個ながら、シーズン最多盗塁死は1度もなく、通算盗塁成功率8割2分9厘(596盗塁、123盗塁死)は、300盗塁以上の歴代1位・・・
「僅差の場面でしか走らない」「打者が有利な場面でしか走らない」「ここ一番の重要な場面で走る」という「盗塁の職人」・・・
1964年の「31回連続盗塁成功」(その後、2019年に山田哲人に更新される)や1968年のシーズン盗塁成功率9割5分7厘(成功44、失敗2)の日本記録保持者・・・
盗塁を認知させた最初の人物とされる・・・
足の速さにいては、スポーツライターの近藤唯之は「本塁打革命者は大下弘(青バットの天才打者)、脚の革命者は広瀬」とし、盗塁王に2度輝いた吉田義男(今牛若といわれた名遊撃手)は、広瀬の足の速さを一番に挙げ、野村克也(戦後初の3冠王)も広瀬の足の速さを絶賛している・・・
一時、盗塁の「世界記録」保持者だった福本豊は、盗塁しやすい有能な次打者(福本の場合、1番打者が多いので、ここでは2番打者)のサポートがあったが、広瀬は、自力でしかも重要な場面で走った・・・
福本の盗塁が相手投手のクセを盗み成功させるのに対し、広瀬の盗塁は相手に関係なく成功させた・・・
そのためか、普段対戦しないセ・リーグの投手相手のオールスターでも広瀬は盗塁を成功させた(7回走って、7回とも成功)が、福本は盗塁に失敗することが多かった・・・
福本は、広瀬を「神様」と敬愛・・・
記録に執着しないところがあったので、もっと貪欲ならもっと凄い成績を残したかもしれない・・・
野村克也は、「野球の天才は、(自分は)二人しか知らない、長嶋茂雄(ミスタープロ野球)と広瀬や、彼らは何も考えないで凄いプレーが出来た」「野球生活の中で出会った天才が三人いる、一人は長嶋、一人は広瀬、そしてイチロー(日米通算4367安打の安打製造機)」などといっている・・・
別当薫(攻走に優れたスラッガー)は、近鉄監督時代に、広瀬が首位打者をとった1964年に広瀬を日本一の選手に挙げている・・・

失策の多かった時期もあったが、守備も走塁、打撃同様に評価されている・・ 



南海ホークス ナンバ栄光と哀しみの故郷(追憶の球団)
南海ホークスの黄金期のリードオフマンだった広瀬叔功氏が「あの頃」を振り返る



打撃成績・・・
打率2割8分2厘、131本塁打、705打点、596盗塁
首位打者1回、盗塁王5回
最多安打1回(当時表彰なし)
オールスターゲームMVP2回
野球殿堂入り(日本)(1999年)

投手成績・・・
1年、防御率0.00、0勝0敗

監督成績・・・
3年、136勝227敗27分、勝率3割7分5厘




■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  広瀬叔功
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング