MAIN−WAVE
ライスシャワー
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング
 ニュース サイトマップ グループ
ホーム>>>スタディ>>>競馬>>>世界の競走馬・日本の競走馬>>>>>

■ライスシャワー■長距離の「刺客」
ライスシャワー、牡、黒鹿毛、日本生産、日本調教
生没年月日・1989年6月4日−1995年6月4日
父リアルシャダイ 母ライラックポイント
生産者・ユートピア牧場 馬主・栗林英雄
調教師・飯塚好次  主戦騎手・、的場均
競走成績・25戦6勝(6−5−2−12) 主な勝利・菊花賞、天皇賞・春2回
■コメント
ライスシャワーは、1989年に生まれました。

1992年の菊花賞、1993年・1995年の天皇賞・春を制す・・・

菊花賞ではミホノブルボンのクラシック3冠、天皇賞春(1回目)ではメジロマックイーンの天皇賞・春3連覇を阻止し、長距離の「刺客」といわれた・・・

1995年の宝塚記念のレース中に骨折し、予後不良(安楽死処分)・・・

1995年のJRA賞特別賞・・・

小柄な馬でも知られます・・・

ライスシャワーは、父リアルシャダイ母ライラックポイント(父マルゼンスキー)という血統です・・・

父リアルシャダイは長距離戦に強い血統・・・

母ライラックポイントは、39戦4勝・・・

ライスシャワーの半妹にフラワーカップ2着のクリダリアなどがいます・・・

近親にクリバロン(京都大障害・秋)、3代母クリノホシの全兄に2冠馬のクリノハナ(皐月賞、日本ダービー)・・・

同世代にミホノブルボン(皐月賞、日本ダービー)・・・


□ライスシャワーを知るおすすめ作品

▼現役時代
▽2歳
3戦2勝

▽3歳
8戦1勝
(菊花賞)
(皐月賞がミホノブルボンの8着、日本ダービーがミホノブルボンの2着、有馬記念がメジロパーマーの8着)

▽4歳
7戦2勝
(天皇賞・春)
(天皇賞・秋がヤマニンゼファーの6着、ジャパンカップがレガシーワールドの14着、有馬記念がトウカイテイオーの8着)

▽5歳
3戦0勝
(有馬記念がナリタブライアンの3着)

▽6歳
4戦1勝
(天皇賞・春)
(宝塚記念が競走中止・1着はダンツシアトル)
JRA賞特別賞・・・

競走成績(レース名の馬齢旧表記)・・・
2歳 新馬1着、新潟3歳S11着、芙蓉S1着、
3歳 スプリングS4着、皐月賞8着、NHK杯8着、日本ダービー2着、セントライト記念2着、京都新聞杯2着、菊花賞1着、有馬記念8着
4歳 目黒記念2着、日経賞1着、天皇賞・春1着、オールカマー3着、天皇賞・秋6着、ジャパンカップ14着、有馬記念8着
5歳 京都記念5着、日経賞2着、有馬記念3着
6歳 京都記念6着、日経賞6着、天皇賞・春1着、宝塚記念中止

▼特徴
小柄で、絞り込んだマラソンランナーのような高速ステイヤー・・・
菊花賞、天皇賞・春(1回目)ともに当時のレコード・・・
上記2レースは「ターゲット」(ミホノブルボン、メジロマックイーン)をマークし、差し切る「刺客」ぶりを見せたが、天皇賞・春(2回目)では、3コーナーからロングスパートし、ステージチャンプの追撃をハナ差でしのぐ「根性」の勝利・・・
淀(京都競馬場)(菊花賞、天皇賞・春2回は京都競馬場のレース)を得意とし、「淀の刺客」ともいわれたが、予後不良となった宝塚記念は、例年行われる阪神競馬場ではなく、改修工事でその得意の京都競馬場(淀)で行われた・・・


1995年に死亡・・・


淀(京都競馬場)に愛され(菊花賞・天皇賞・春2回の優勝)、淀に散った(淀の宝塚記念での予後不良)「最強の刺客」ライスシャワーの激戦を収録・・・
名馬列伝 ライスシャワー・・・
ライスシャワーの栄光の舞台は、その刺客ぶり(菊花賞、1度目の天皇賞・春)とロングスパートで勝ち取った2度目の天皇賞・春で、いつも淀でした・・・
そして最期の舞台(宝塚記念の予後不良)も淀になるとは・・・



関連記事:コラム「ライスシャワーの2度目の天皇賞制覇


□ライスシャワーを知るおすすめ作品


■3代血統図
 
リアルシャダイ
Real Shadai

1979 黒鹿毛
Roberto

1969 鹿毛
Hail to Reason
Bramalea
Desert VIxen

1970 黒鹿毛
In Reality
Desert Trial
ライラックポイント

1979 鹿毛
マルゼンスキー

1974 鹿毛
NIjnsky
*シル
Shill
クリカツラ

1962 黒鹿毛
*テイエポロ
Tiepolo
クリノホシ

  ライスシャワー
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング