MAIN−WAVE
梅ヶ谷藤太郎(2代)
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>大相撲>>>史上最強力士RANKING>>>

■史上最強力士RANKING−INDEX■■■■■

雷電為右エ門 谷風梶之助 太刀山峰右エ門 栃木山守也 梅ヶ谷藤太郎(初代)
双葉山定次 大鵬幸喜 常陸山谷右エ門 稲妻雷五郎 陣幕久五郎
小野川喜三郎 北の湖敏満 千代の富士貢 大錦卯一郎 玉錦三右エ門
貴乃花光司 羽黒山政司 鬼面山谷五郎 栃錦清隆 若乃花幹士(初代)
 

RANKING外の強豪力士
阿武松緑之助 梅ヶ谷藤太郎(2代) 柏戸剛 輪島大士

■梅ヶ谷藤太郎(2代)■常陸山のライバル (RANKING外)

梅ヶ谷 藤太郎(2代)(うめがたに とうたろう)
本名・押田音次郎→小江音松 〜出身地・富山県〜身長168cm、体重158kg
生没年月日・1878年3月11日−1927年9月2日
最高位・横綱
■コメント
梅ヶ谷藤太郎(2代)は、常陸山谷右エ門とともに一時代を築いた強豪です。

▼履歴
梅ヶ谷藤太郎(2代)は、1878年3月11日に富山県で生まれます。
1891年に西ノ海 嘉治郎(初代)・劔山谷右エ門(2代)一行が、富山県へ巡業で来た際に、劔山谷右エ門(2代)に(梅ヶ谷(2代)となる)少年の恵まれた体格から熱心に勧誘を受け、雷部屋に入門します。
(劔山谷右エ門(2代)とは「天保の三傑」といわれた江戸時代の名大関とは別人)
同年1月に初土俵。
雷親方(梅ヶ谷(初代))の「ワシの弟子ということで、四股名は「梅ノ谷」だ」の発言で四股名は「梅ノ谷音松」となります。
当時はまだ12歳ながら周囲の英才教育でめきめき育ちます。
1898年1月に新入幕すると、この場所で小錦八十吉(初代)から金星、翌場所も同じく小錦八十吉から金星を挙げます。
次の1899年1月に小結、同年5月に関脇に昇進、翌場所は勝ち越したのに小結に降格しますが、次の1900年5月に大関昇進。
大関昇進で「梅ヶ谷」の名跡継承を願い出ますが、雷に却下されます。
しかし1902年1月から「梅ヶ谷藤太郎(2代)」を襲名します。
1903年5月の9日目(当時は1場所10日で、幕内力士は千秋楽休場)に全勝対決で常陸山に敗れたものの、横綱に・・・。
(横綱昇進は、当時の最年少記録)
横綱が決まった常陸山の「できれば梅ヶ谷関も一緒に(横綱に)」の発言も昇進へつながったと思います。
横綱を実に12年も務めました。
晩年は守り重視の相撲だったようです。

現役引退後は、雷の廃業に伴い、年寄・雷及び雷部屋を継承しますが、先代・雷より早い1927年9月2日に死去します。
享年49歳。



▼ライバル
梅ヶ谷藤太郎(2代)のライバルといえば同時に横綱に昇進した常陸山谷右エ門です。
(対戦成績は梅ヶ谷藤太郎(2代)から見ています)

常陸山谷右エ門
茨城県出身、身長174cm、体重146kg
幕内通算成績 32場所 150勝15敗22分2預131休 勝率9割0分9厘 優勝相当7回 優勝1回
最高位・横綱
対戦成績 3勝6敗5分1休
常陸山谷右エ門は梅ヶ谷藤太郎(2代)とともに一時代を築いた強豪です
常陸山と梅ヶ谷の対決は当初は黄金カードでしたが、対戦を重ねた後半期になると「お決まり」の引き分けでの決着にブーイングが飛んだといわれます。
常陸山についての更なる詳細は、史上最強力士RANKING内の常陸山谷右エ門を参照
○分○○●●○○○休●分分分分
 
■幕内通算成績
場所 番付 成績 星取表 優勝 備考
明治31(1898)年1月 西前5 5勝2敗1分1預1休 ○○○●○分預●○休  
明治31(1898)年5月 西前2 7勝1敗1分1休 ○●分○○○○○○休   同、金
明治32(1899)年1月 西小結 7勝1敗1分1休 ○○○○○分○○●休    
明治32(1899)年5月 西関脇 6勝2敗1分1休 ●○○分●○○○○休    
明治33(1900)年1月 西小結 5勝2敗2分1休 ○○●○●○○分分休    
明治33(1900)年5月 西大関 6勝1敗1分2休 ○○○休○分○●○休    
明治34(1901)年1月 西大関 8勝1敗1休 ○○○○○○○○●休    
明治34(1901)年5月 東大関 6勝2敗1分1休 ○●●○○分○○○休    
明治35(1902)年1月 東大関 8勝1分1休 ○○○○○分○○○休 (1)  
明治35(1902)年5月 東大関 8勝1敗1休 ○○○○○○●○○休    
明治36(1903)年1月 東大関 4勝1分5休 ○○○分○休休休休休    
明治36(1903)年5月 東大関 8勝1敗1休 ○○○○○○○○●休    
明治37(1904)年1月 東横大 7勝1敗1預1休 ○○預○○○○○●休  
明治37(1904)年5月 東横大 6勝1敗1分2休 ○○○○○休○●分休    
明治38(1905)年1月 東横大 8勝1敗1休 ○○○○●○○○○休    
明治38(1905)年5月 東横綱 5勝5休 ○○○○休○○休休休    
明治39(1906)年1月 東横綱 7勝1敗1分1休 ○○○○○○○分●休    
明治39(1906)年5月 東横綱 7勝1分2休 ○○○○○○○分休休    
明治40(1907)年1月 東横綱 1勝9休 ○休休休休休休休休休    
明治40(1907)年5月 東横綱 6勝2敗1分1休 ○分○○●○○●○休    
明治41(1908)年1月 東横綱 8勝1分1休 ○○○○○○○○分休 (2)  
明治41(1908)年5月 東横綱 7勝1敗1分1休 ○○○○○○○分●休    
明治42(1909)年1月 西横綱 7勝1分2休 ○○○○○○○分休休 (3)  
明治42(1909)年6月 西横綱 5勝5分 分○分分○○分○○分    
明治43(1910)年1月 西横綱 1敗9休 ●休休休分休休休休休    
明治43(1910)年6月 西横綱 1分9休 休休休休分休休休休休    
明治44(1911)年2月 西横綱 3勝1敗6分  分○分分●○分○分分    
明治44(1911)年6月 西張横 10休  休休休休休休休休休休    
明治45(1912)年1月 東張横 5勝1敗4分 分○○○分分○●分○    
明治45(1912)年5月 西張横 1勝1敗3分5休 ○●分分分休休休休休    
大正2(1913)年1月 西横綱 4勝1敗5分 ○○○●分分○分分分    
大正2(1913)年5月 東張横 1敗1分8休 分●休休休休休休休休    
大正3(1914)年1月 東張横 2勝2分6休 ○○分分休休休休休休    
大正3(1914)年5月 西張横 1分9休  分休休休休休休休休休    
大正4(1915)年1月 西張横 1勝2分7休 分分○休休休休休休休    
大正4(1915)年6月 東横綱 10休 休休休休休休休休休休    
 幕内通算成績 36場所 168勝27敗47分2預116休 勝率8割6分2厘 優勝相当3回
 金星2個

■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作



  梅ヶ谷藤太郎(2代)

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング